開発中!

ディーズガーデンの新商品が作られていく様子を
レポートします。
商品のこだわりや私達スタッフの想いを伝えていきます。

<< ディーズガーデンものづくりノートTOPへ戻る

技術開発部の使命

 こんにちは。

新商品開発部の野口です。

 

以前と比べ気温も少しずつ上がり暖かくなってきましたね。

四季の中でも私は春が一番好きです。

 

 

さて、私は新商品開発の技術開発部という部署に所属しており

日ごろ試作品を製作したり、試験などを行ったりしています。

 

その中で私が関わっている商品のお話しをさせていただきます。

 

Fポストの蓋の原型です。

ここからまずシリコンを流しFポストの型を作ります。

IMG_4889.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来た型がこちらです。

IMG_5038.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5040.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この型からFRP成形したものがこちらです。

このような工程で型を作り新色などの試作などを行い商品ができるのです。

今後のディーズ製品の新色をお楽しみにー!

 

 

2017年03月27日

屋根へのこだわり

みなさんこんにちは、新商品開発部の今西です。

今回は現在開発中商品ということで、新たな

物置の一部をご紹介したいと思います。

 

今回の物置の売りは、屋根の意匠にあります。

現在試作品を作りながら検討を進めているところ

ですが、2種類の屋根を設定しようと考えています。

それは「うろこ瓦」と「スレート瓦」です。

P1020173.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前からうろこ瓦を取り入れた商品を作りたいと

思って、いくつかの情報収集をしていましたので、

今回それがなんとか役に立ちそうです。

 

スレート瓦についても現在天然スレートを購入して

研究を行っているところです。

P1020174.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品はFRPで再現する予定ですが、リアリティーを

出すのにとても苦労しています。

特にうろこ瓦の焼き物の雰囲気を出すのが難しい

ところです。

 

今年の秋にリリースできるように進めていますので、

どうぞ期待ください。

 

 
2017年03月06日

A-04表札 独立文字タイプ

こんにちは。

新商品開発の北村です。

 

本日ご紹介する開発中商品はA-04の発展形。

A-04はDea's Garden表札の中でも人気の高い表札のひとつです。

 

アルミ鋳物で出来ています。

砂で作った型に溶かしたアルミを流し込んで作るもので

立体的な形が作れるのが特徴です。

 

よくある金属の板を切断した表札とはちょっと違います。

まずは肉が厚いこと、そして断面形状が複雑です。

 

A-04文字のディテール  「R」

 

R③.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重厚感から高級な感じがするんです。

 

ここまでは現在発売中の表札。

いま、開発の真っ最中なのはこのクオリティの高い文字を

独立で施工できるようにした商品。

 

IMG_KIMURA➂.jpgのサムネイル画像

文字が独立することによってよりシャープですきっとした感じが出ますよね。

特約店の方から良くお聞きするのが施工の際、表札の文字を

一直線に揃えるのが難しいとの声。

うーんなんとかしたいものです。

 

 

2017年01月27日

DR1

 

こんにちは、初めまして。

今年4月に入社いたしました新商品開発部の河原林と申します。

 

これからブログに参加させていただくことになりました。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

もういくつ寝るとお正月…ということで今年も残り数日ですね。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

私は入社してからの日々を振り返る余裕もなく

年末の慌ただしさを実感しつつ商品開発について学ぶ日々です。

 

 

ブログのテーマが開発中!…ということで、

先日、商品開発の大きな節目として

「DR1(デザインレビュー)」が開催されたことをご紹介いたします!

 

2017年発売予定の商品について、

新商品開発部と商品企画室のメンバーがプレゼンをし、

デザイン、仕様、価格などについて協議する会議です。

 

社長、副社長…と計15名以上の錚々たる面々から

各商品について様々な意見が飛び交い、いつもより張りつめた空気が流れます…。

 

さて、そんな中で発表された一つの商品を、

ちらりとお見せいたします。

DSC_4653.JPGのサムネイル画像

DSC_4654.JPG

絶妙な曲線~。

 

既存商品に改良を行い、新たな表札として

開発を行っているものですが、

どの商品かわかる方も多いかもしれませんね。

 

私は、文字開発に少しだけ携わる機会をいただいたのですが

文字の太さが1㎜変わるだけで大きく印象が変わり、

とても今の力ではできない…と心が折れそうになりながら

周りの方々からたくさん助言をいただきました。

 

 

そんなこんなで色々なことを教えていただきながら、

様々な商品開発に携わり苦心する毎日ですが、

来年も新商品の一員として頑張りたいと思いますので、

よろしくお願いいたします!!

 

それでは、皆様、よいお年をお過ごしくださいませ。

 

 

2016年12月28日

梱包設計

こんにちは。

新商品開発部の絹田です。

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年も早いものですっかり年末ですね。

 

さて、前回私から新素材を組み合わせた新商品が開発中

とのご紹介をさせていただきましたが、今なお発売に向けて着実に進んでおります。

 

現在、皆様に安全に製品を運ぶための梱包箱の設計を思案中…

早速試作した梱包箱が届きました。

IMG_4686.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各部を衝撃から守るためのクッション材も用意しています。

 

IMG_4688.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来であれば梱包箱の形状と製品の納まりを確認し、耐衝撃試験に臨むのですが

今回は箱のサイズが製品とうまく合わなかったのであえなく再製作となってしまいました。

 

製品自体はカタログ用の撮影も無事終え

発売までもう直ぐです。

続報をお待ちください。

 

絹田

2016年12月27日

FRPと新素材 その2

皆さんこんにちは。新商品開発の絹田です。

やっと涼しく秋らしい気候となってきました。

 

秋晴れの日はとても気持ちがいいですね。

 

さて、そんな穏やかな日差しの元

新商品開発部は新商品の発売に向けて佳境に入り

慌ただしい日々を向かえております。

 

以前にも私からご紹介させていただきました

Dea's Garden商品を代表する素材FRP☆

また、新たに登場したパティオの新素材★

この二つを組み合わせた商品が間もなく完成しつつあります。

 

今まさにその試作品が完成しました。

まだ全貌をお出しすることはできませんが一部写真だけ…

 

IMG_3482-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発売をどうぞご期待ください。

 

 

2016年10月28日

鉄錆

こんにちは 新商品開発部の北村です。

皆さんはDea’s Gardenの商品のなかで一番に
「ピン!」 と来るものはなんでしょうか?
カンナ? アルファウッド? それとも~ ポストっ!!
ポストを一番はじめに思い浮かべた方、あなたはエラい! 
本日のお話はポストにまつわるものです。
 
2004年にスタートした当初、Dea's Gardenの商品といえば
2種類のポストしかありませんでした。
それが 「ポーチ」 と 「スタッコ」 。
10年以上経った今でも売れ続けているDea's Gardenの
顔の一部です。
 
現在、Dea's Gardenには全部で28種類のポストがありますが、
いちばんの特長は
他社さんのポストと比べて冷たくない、どこか温かい雰囲気を
持つところだと思います。
その立役者が素材。 塗壁で出来ているものがあると思えば
木製、陶器製、鉄製そして瓦まで・・・。
皆さんの家や庭のデザインに合わせて選んでいただくことが
できるんです。
それこそガーデニングで使うポストとして考えられる
ありとあらゆる材料を使っています。
 
いや、使っているように見えるのです。
 
皆さんはFRPという素材をご存知ですか?
ディズニーランドやUSJのアトラクションや施設で
使われている材料です。
どのような形でも作ることができ、リアルに色を塗ると
どんな素材に見せることもできます。
さまざまなアトラクションのモンスターや海賊船、
岩や木まで本物そっくりに作られています。
遊びに行かれた方でもほとんどの人が気付かないほど
リアルで本物そっくりです。
 
Dea's Gardenはその素材をポストにしました。
 
全てのポストが軽量で丈夫、そしてリアルになりました。
それは有り得ないをも実現することが出来ました。
本物の陶器のポストを作ったらちょっとぶつかっただけで割れてしまい、
使いものにならなくなってしまいますからね。
 
そんなFRPを使っていま、新しいポストを開発中です。
今回の開発はシャビーシックというテーマからスタート
しました。
初めはどんなポストを作ればよいのか悩んだ末に
行きついたのがこんな質感です。
 
  「 鉄錆 」・・・
 
まだ発表前なので全体はお見せできません。
一部をアップした画像で我慢してください。
どうですか? 古い鉄鋳物が錆で朽ちかけている雰囲気、
充分表現できていますか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

2016年10月15日

梱包改善への取り組み

 皆さんこんにちは。新商品開発部の今西です。

我々開発メンバーは、新商品の開発だけでなく、既存商品の改善についても

取り組んでおります。

 そのような中で今回は「梱包改善」についてご紹介したいと思います。

P1010784.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディーズガーデンのご提供するエクステリア商品は、基本的には段ボールの

梱包に入っています。ほとんどの商品は、弊社の物流倉庫から運送業者様の

手によって、お客様のもとに届けられます。

 

何度かトラックへの積み替えを経由しながら目的地まで運ばれるのですが、

その間商品に傷がつくことが無いようにしなければなりません。

 

 しかしながら、まれにお客様からキズや凹みのクレームをお受けすることが

あります。ほとんどの場合どこで発生したのかはわかりません。従って我々に

できることは出荷してから開梱されるまで、少しでも商品がダメージを受けにくい

梱包を設計するということになります。

P1010729.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはディーズシェッドカンナの棚板セットです。4枚セットの梱包ですので、

重量は約12㎏あります。持ち運び中に手から滑り落ちても商品がダメージを

受けにくいような梱包改善に向けてテストをしています。

P1010728.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

90㎝の高さから落下させて製品の状態をチェックしているところです。

P1010742.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様にとりましても、販売店様や我々メーカーにとりましても、開梱した時に

商品に傷があるということは非常に悲しいことです。そのような事態を無くす

ためにこのような改善を日々繰り返しております。

 

 

2016年07月26日

カンナCuteの組立動画

こんにちは、こんばんは

ディーズガーデン新商品開発部の天童です。

好きなノベルティグッズは4色ボールペンです。

 

さて、ディーズガーデンの人気商品、

デザイン物置の「カンナ」シリーズは、

他には無い可愛いデザインの物置として人気です。

 

しかし、可愛いだけでは良い商品とは言えません。

物置としては、「使いやすさ」「機能性」ももちろん大事です。

 

そこで、この「カンナ」シリーズは、

丈夫な鋼板製の本体に、FRP(繊維強化プラスチック)の

飾りパーツを取付けることで、

可愛く、長持ちで、丈夫な、組み立てやすい

デザイン性と機能性を兼ね揃えた商品となったのです。

 

さらに今回、より使っていただきやすくなるよう、

こんなものを作りました。(下記URLから視聴できます)

https://drive.google.com/open?id=0B_R6NdlYzqMwRVJEQkxnTW52Mzg

 

「カンナ」シリーズのひとつ、「カンナCute」の組立説明動画です。

 

ディーズガーデンのスタッフが、

カンナCuteを組立てている様子と、施工のポイント解説となっています。

 

動画に映っているスタッフは、いずれも施工についてはド素人!

そんな人でも組み立てられるようになっています。

(但し、コンクリートの基礎が必要なので、そこはプロの手が必要になります)

 

初めて組み立てるという方も、

これを見れば、わりかしスムーズに組立られるようになるのでは?

 

是非ご活用ください。

2016年06月21日

コバ積石

こんにちは。

新商品開発部の北村です。

このところ、街に出てコバ積石を見ては・・・ 「ふうっ~」。

ため息をつく、今日この頃です。

それもその筈、Dea's Garden商品の新しいテクスチャーとして石、それもコバ積石

の試作・研究を始めているからです。

いつもそうですが新らしい素材をFRPで表現するのは一苦労なんです。

量産を考えずにただ単にリアリティを目指すのは簡単ですが

実際には工場で職人さんが商品を何十台も同じ品質で作ることのできる

ような手順にしなければなりません。

 

いや~。この生みの苦しみの中から素晴らしい商品が生まれてくるのです。

まだまだご紹介できる段階ではありませんが

皆様の目の前に現れる日が来るのではないかと思います。

期待していてください。

 

2016年06月20日
このページの先頭へ