日々の出来事

日々の出来事を気ままにつらつらと綴ります。
あんなことこんなことそんなこと。

リックCAD

みなさんこんにちは。

新商品開発部の北村です。

 

6月12日は私が初めてリックCADを触った日。

梅田で開催されたリックCADの講習に参加しました。

若いイケメン、矢澤先生が講師です。

「 はいっ、スラブはここをクリックしてドラッグですよ。 」

スクリーンに映るカーソルが縦横無尽に動き回り、説明にも熱意が感じられます。

 

一緒に参加している20代のメンバーたちはいとも簡単に説明の通りPCを操っていますが

一方、50半ばのおじさん(私)はついていくのが精一杯。

 

「 え~と、先生わかりません。」 と聞くと

「ここは違いますよ。 これはこうしてね ~」 手とり足とり丁寧に教えていただきます。

 

あっという間に2時間が経過・・・  そして昼食の時間になりました。

ランチは同じビルの2Fにある居酒屋。

「 10種類のおばんざい御膳ランチ 」 豪華です。

エクステリアデザインコンぺ2018 昼食.jpg

う~ん。 やっぱり大阪はいいですね。 何の気なしにはいったお店のレベルが高い。

 

なんて言っている間に昼休みが終了。

実は、先生の丁寧なご指導の甲斐もあって午前中はなんとかついていけたんです ・・・。

でも、午前中に 「 落ちこぼれ生徒 (私) 」 に時間を使いすぎたためか

時間が足りなくなって午後は先生のスピードがアップ いきなりトップギアに・・・。

 

若いメンバーもついていくのに必死。

私と来たら途中からちんぷんかんぷん ・・・・

でも、まあなんとか形にはなりました。

DSC_0874小.jpg

 

 

その3日後の6月15日。 私は東京で開催された

「第1回 JEXA エクステリアデザインコンペティション2018」 の

プレゼンテーションと授賞式に参加してきました。

エクステリアデザインコンペ2018①.jpg

今まで行われていたエクステリアのデザインコンペといえばそのほとんどが

メーカー主催のもの。

デザインセンスや完成度も大切でしょうがそのメーカーの商品を

どれだけ前面に打ち出せるのかというのも入賞するための大きな要素だったはず。

それが今回は JEXA (日本エクステリア設計協会) が主催。

第3者的な判断基準のコンペです。

エクステリアデザインコンぺ2018 ③.JPG

これは本当の意味のエクステリアデザイナーの最高の賞。

そんな説明を聞きながらも期待に胸が高まります。

 

「手書き部門」 「CAD部門」 「実物件部門」 と続きますが

みなさんのレベルの高いこと。

リックCADの完成度の高いこと。

 

グランプリを受賞した「 積水ハウス株式会社 尾崎孝也様・積和建設九州株式会社 尾崎美和子様 」

おめでとうございました。

エクステリアデザインコンぺ2018 受賞.jpg

ちなみにどのプレゼンも素晴らしかったです。

一流デザイナーのプレゼンを見た後で自分のリックの腕前を考えると寂しくなってきます。

でもまだ駆け出し。

 

今日見たプレゼンを目標(?)に腕を磨いていこうと思います。

DSC_0867 採用分.jpg

2018年07月12日
このページの先頭へ