ものづくりブログ

2016年1月

ディーズパティオ展示1号店 新潟県のエクステリア専門店 Part2

こんにちは、商品企画デザイン室の永島です!

今年に入って冬らしく寒さが厳しい日が続きますね。

さて、今回のディーズガーデンクラブ女性部会Callasのお店は

前回に続いて新潟県の新光園(ガーデンスタジオ雅楽庭)さんです。

 

それでは、昨年7月に完成した新光園さんのパティオガーデンを

じっくり拝見することにしましょう。

新光園さんのパティオガーデンは、夜には照明効果もあってすっごく素敵です。

この写真、タカショーさんの第6回光の施工コンテストshine

お見事sign03 

準グランプリを受賞されました。
素敵ですね〜

IMG_0677-columns1.jpg

IMG_0795-columns1.jpg

角柱についた照明はディーズガーデンのグラスランプなんですけどね(笑)

全景を見るとこんな感じです。

16-P1300094.jpg
 

ディーズパティオの全商品をご覧になっていただけます。

こちらは、お家の門柱としても使っていただける角柱です。

09-32-P1300187.JPG

鍛鉄の質感をしたサイドフェンスを飾りにつけています。

レンガがむき出しになったアンティークな壁の表情が素敵ですねgood

08-57-_1260127.JPG

ディーズパティオの壁の中でも人気なのが

大きな窓のついた壁、オプションの鎧戸を付けるとさらに素敵ですsign01

窓の下にはラタン風に作ったプランターフォルダー。実はFRPで出来ているのです。

10-58-_1260132.JPG

木製に見えるところも全てFRP製なので

メンテナンス知らずで長持ちというのがいいですよね。

お庭の奥の方に行けば、勝手戸代わりに使っている扉付きの壁があります。

02-01-1-P1300196.JPG

壁の両脇にあるのは、見た感じは木製フェンスですが実は樹脂製。

木目もあってナチュラルな雰囲気がバッチリ人気のフェンス(アルファウッド)です。

このシーンを使って、こんな切手も作らせていただきました。

切手.jpg

お庭には多数の種類の敷石が敷き詰めていて、

さすがに造園出身の社長様、植栽の豊かさがとても参考になります。

06-48-_1260088.JPG

04-28-P1300171.JPG

20-P1300126.jpg

22-P1300150.jpg
 

もちろん、デザイン物置カンナ立水栓リリー

そしてレンガづくりのピザ釜もあります〜

12-42-P1300212.JPG

11-44-P1300225.JPG

このアングルから見るととても眺めがいいですよね。

自宅のお庭でも2Fから見る眺めも考えて設計されるそうです。

新光園さんはアットホームなお店ですが、

お客様の要望を上回るデザイン力のある頼りがいのあるお店なんです。

最後に新光園の野瀬美世子さんと私とでツーショットheart01

撮影は旦那さま(社長様)でした//
11145084_859651274115001_1547087344869309771_o.jpg

植栽が育ったころに、また撮影にお伺いしたいと思います。

お近くの方は、是非この素敵なパティオガーデンをご見学に行ってみてくださいね!

 

 

2016年01月13日

奈良Nara LOVE(もちろん京都も...)です!

はじめまして、こんにちは。
ディーズガーデン商品企画デザイン室の
東(あずま)です。

この度ブログに参加することとなりました。

はじめに少しだけ自己紹介を。
普段の業務では、主に販促物やWEBのデザイン・制作、
広報関連を担当しています。

 
wakakusayama.jpg
 
nigatsudo.jpg
 

趣味は料理と風景写真を撮ることです。
写真については、なかなか腕が上がらず
良いカメラとレンズさえあれば、なんとかなるのでは…と
気づいたら散財して後悔ということがしばしば…というのは
妻には内緒です(笑)

ちなみに大仏で有名な東大寺のある奈良市に住んでいますので
奈良や京都の「ほっこり」するような写真を
ブログ内でご紹介できればなぁ〜と思っていますので
どうぞ宜しくお願い致します。

 
daibutsu-sama.jpg
2016年01月12日

今年はサル年~猿丸神社のカワイイ絵馬がおすすめ

明けましておめでとうございます。
新商品開発部の北村です。
 
年の瀬も押し迫った12月30日。
昨年最後の自転車ツーリングに行ってきました。
ルートは大津から天ヶ瀬ダムを抜け宇治に至るコース。
普段から走り慣れたコースです。
 
その途中にある、いつもなら通り過ごす神社。
今回はその名前に惹かれて立ち寄ることにしました。
 
今年の干支、「申(さる)」を名前に冠した神社。
その名も「猿丸神社」です。
 
猿丸太夫の碑.jpg
 
「小倉百人一首」の有名な句、「奥山に 紅葉ふみわけ鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき」・・
これを詠んだ「猿丸大夫」を祀った神社です。
 
年も明けきらず参拝者も遠慮しているのか人影もちらほら。
ひっそりとした山道の階段をのぼるとそれほど広くはない境内。
それでも手入れが行き届いており清潔感が溢れています。
 
社の前で「狛犬(こまいぬ)」ならぬ「狛さる??」がお出迎え。
そのとぼけたような表情がなかなかいい味を出していました。
 
狛さる.jpg
 
瘤(こぶ)取りのご利益があるとのことでしたが
お礼に奉納されたたくさんの木の瘤がご利益の高さを物語っているようです。
 
そんな中でも目を引いたのが可愛くて素敵な絵馬でした。
 
申の絵馬①.JPG
 
申の絵馬②.JPG
 
表面には何も書かれていないのですがこの面に願い事を書くんです。
裏にはおさるさんの顔の輪郭だけが書いてあります。
そこに自分で思い思いに表情を書くんです。
 
愛嬌ある顔やこわ~い表情など見ているだけで楽しくなります。
 
宇治駅から車で30分。これといった観光スポットもない場所にひっそりたたずむ猿丸神社。
それでも毎月13日の「猿丸祭」では参拝客で溢れるといいます。
 
「申」年の今年は穴場になるかも?
一度、立ち寄ってみてはいかがですか?
 
 
2016年01月05日
このページの先頭へ