ものづくりブログ

2015年12月

商品を長く使っていただくために

こんにちは、こんばんは
ディーズガーデン新商品開発部の天童です。

好きな食パンは新食感宣言です。

お客様に使いやすい商品を開発するだけでなく、
発売されたあとの商品をより使いやすくするのも、開発部の務め…

というわけで、ここ最近、ディーズガーデンの人気商品である
デザイン物置「カンナ」シリーズをより使いやすくするための
コンテンツを製作中です。

たとえば、「カンナ お手入れハンドブック」。

handbook.JPG

※画像は製作中のものです!

 

「カンナ」シリーズの、木とかレンガに見える部分は、

FRP(繊維強化プラスチック)でできています。

FRPは本物の木のように、腐ったりすぐに変色してしまったりしない

素材なのですが、何年も紫外線にさらされてしまうと、さすがに

色が変わってくることがあります。

 

option_lamp.jpg

※木のように見える部分は、本物を忠実に再現したFRP

 

でも、せっかくのかわいい物置、なるべく長い間キレイに使いたい…

そんな方のために、長く愛用していただくためのお手入れの仕方や、

耐荷重量や物置のサイズなどの情報をまとめた小冊子を作っています。

 

新商品の開発のかたわらに作っているので、

少し時間がかかりそうですが、春には何らかの形でお届けしたいなあと

考えています。

 

しっかりお手入れして、お庭のシンボルとして長く可愛がってあげてくださいね。

2015年12月25日

ディーズガーデンの工場から生まれた作品

こんにちは、商品企画デザイン室の永島です。

秋も深まり、京都では紅葉も見納めになりました。
今年は気候の変化がよくないのか、赤くなる前に枯れていく葉っぱが多いようで
残念ながら、通年のように美しい紅葉の撮影ができませんでした。

1-P1320501.JPG 171965_392664510813682_649058893_o.jpg

2つの写真は11月の下旬に撮影した同じ銀杏の木です。
左側の写真が今年のものですが、
まだグリーンが残っているのにも関わらず、
透け透けの状態です。
それに比べて2年前に撮影した右側は見事に黄金色に色づいています!
 

さて、本題の「ものづくりの現場」のご紹介ですが、
今回は、ディーズガーデンのアルミ鋳物製品を作っている
工場から生まれてくる作品をご紹介いたします。

こちらは、大阪府茨木市にあります追手門大学1号館
三菱地所設計様が設計された建築物で数々の賞を受賞されました。

ootemon01.jpg

第31回大阪都市景観建築賞奨励賞
第21回AACA賞奨励賞
第56回大阪建築コンクール大阪府知事賞
日本建築学会作品選集2011
日本建築家協会優秀建築選2010
第2回屋上開発関西さきがけ賞
第23回日経ニューオフィス賞近畿ニューオフィス特別賞


ディーズガーデン(傳來工房)がお手伝いさせていただいたのは
このビルを囲うように取り付けられた桜文様のデザイン鋳物パネルです。

早速、私も撮影させていただきましたが、
圧倒されるスケール感と、美しい桜文様がなんともいえません!!!
こちらが撮影してきた写真です。

ootemon02.jpg sakura .jpg
sakura2.jpg sakura3.jpg

日差しが差し込むと室内には桜の花の影が映り込みます。
こんなに素晴らしい建築のお手伝いをさせていただきました。

こちらが工場でアルミ鋳物パネルの元になった原型です。

木型.jpg

ディーズガーデンの工場では、ディーズガーデン製品以外にも
長年にわたりデザイン性の高い数々の作品づくりのお手伝いをさせていただいております。
また、このものづくりの現場で作品をご紹介して参りたいと思います。

もうすぐクリスマスで、あっという間に今年も終わりですね。
今回で「ものづくりの現場」も今年最後になります。
本年中は「ものづくりの現場」をご覧いただきありがとうございました。
また来年にお会いしましょう!

それではみなさん少し早いですが、良いお年をお迎えください!!!

 

 

 

2015年12月08日

ディーズポスト取付検証 & 左官訓練中

みなさんこんにちは。
新商品開発部 技術開発の絹田です。
急に寒くなり、いよいよ本格的に冬到来と言った感じですね。
 
わたしたち技術開発は新商品開発部で企画された商品企画の実験や検証
モックアップ・模型の作成なども行なっております。
 
実は今年新たに発売されたディーズパティオの発売に向けて、
去年初めて左官のコテ塗り作業を勉強させていただきました。
そのとき学んだノウハウを活かしこの通り、まだ未熟ながら
コンクリートブロックの積み立てから下地調整なども出来るようになりました。
(写真は技術開発の野口です)
 
001.JPG
 
さて、なにをしているのかというと
新商品のディーズポスト ウォールインタイプ 石張用の施工です。
満を持しての発売となりましたが、
施工していてお客様が面倒に感じる部分は無いか
不具合等はないかを探し、改善箇所が無いかを確認しています。
 
今後もポストに関わる新商品を企画しておりますのでご期待下さい。
2015年12月01日
このページの先頭へ