ものづくりブログ

2015年8月

「河井寛次郎記念館」見学

皆さんこんにちは。新商品開発部の今西です。

8月29日に会社のメンバー20数名で「河井寛次郎記念館」を

訪問してきました。

記念館玄関 (1).JPG

 

河井寛次郎は明治23年に島根県で生まれ、昭和41年に亡くなる

まで、京都にて陶磁器を中心に木彫や家具など、独特の感性で

創作活動を続けた作家です。

陶器仕事場.jpg

 

河井寛次郎作品の鋳造においては、弊社傳來工房がお手伝いを

させていただいたという経緯もあり、会社の総務部主催で社員

向けに勉強会を企画したというわけです。

 

京都の町中にひっそりと存在する家屋は、当時の面影をそのまま

残しています。

 

寛次郎は、東京高等工業学校窯業科卒業ということで、技術者肌

出身の様です。独創的な作風の中にも計算された緻密さを感じる

ことができました。

敷地内には巨大な登り窯も存在します。

登り窯.JPGのサムネイル画像

 

彼の愛用した書斎の机に向かい、しばらくの間当時の様子を想像

してみるのもいいかもしれませんね。

2015年08月31日

ディーズライト 100Vタイプ 開発

こんにちは。ディーズガーデン新商品開発を担当してる今西です。

8月も後半になって、一気に過ごしやすくなりましたね。

この調子で秋が迎えられればいいなと思っています。

 

さて、今回はディーズライト ウォールウォッシャーについてご報告

したいと思います。

P1010134.JPG

 

ご好評いただいておりますLED表札灯ですが、昨年来100V接続タイプの販売

休止でご迷惑をおかけしておりましたが、ようやく100V新型の出荷をさせて

頂くことができる運びとなりました。

 

10月1日よりこの新型100Vタイプの発売を計画しております。

「リーフ」などの意匠は変わらず、発光ユニットが新しくなります。

P1010139.JPG

 

LED装着面です。

P1010138.JPG

性能の向上と、取付工事のしやすさを重点的に改良しております。

今回意匠の追加はありませんが、是非ともこの100Vタイプのご利用をお願い

したいと思います。

 

また次回は必ず新しいデザインを追加したいと思っていますのでそちらの方も

ご期待ください。

2015年08月31日

表札を綺麗に飾る裏方さん

こんにちはこんばんは。

ディーズガーデン 新商品開発部の天童です。

好きなサラダは、ジャコと豆腐が入った和風のサラダです。

 

さて、我々ディーズガーデンの新商品開発部では、

新商品の開発の他に、商品を皆様にとってより使いやすく

するための商品改良を日々行っております。

 

皆様の目からは見えないような小さな変更から、

先日お伝えしたカンナの鋼板部分のグレードアップまで、

規模は様々です。

 

そして、今回お伝えする改良は、こちら。

 

patch.JPG

 

???

なんでしょうコレは?

 

答えは、表札を取付けるときに使う、マスキング用のパッチです。

 

こちら、シールになっておりまして、はがすとこのようになっています。

patch_onepiece.JPG

 

表札は、壁にあけた穴に接着剤を充填して、

その中に脚を突っ込んで取付けるのですが、

その時に、このパッチを穴の周りに貼っておくことで、

接着剤がはみ出して壁や表札を汚すのを防ぐことが出来るんですね。

 

商品を購入されるお客様の目に届く部品ではないのですが、

表札を綺麗に取付けるのに一役買ってくれています。

 

このパッチを脚のあるタイプの表札すべてに

同梱することになりました。

今までよりも、表札を綺麗に取り付けやすくなると思います。

 

表札はお家の顔なので、綺麗に飾りたいですよね。

ちょっとでも違和感のある取付け方をしたら、ずっと長い間

それを見ながら暮らさなくちゃならなくなります。

でも、きっちり水平を出したり、壁との隙間を調整したりと、

取付けるときには、けっこう気を使うことが多いです。

綺麗な表札は、職人さんたちの繊細な技術と、

こういった地味な部品のサポートで成り立っているんですね。

 

というわけで、今回は裏方の紹介でした。

 

SEEDS.jpg

2015年08月31日

ディーズガーデンのおもてなし

こんにちは〜、開発の岡田です。

今年の夏はなんだか暑かった割に短かったような気がするのは私だけですか。

そしてエルニーニョ現象により今年は暖冬らしいですよ。

耐えた甲斐がありました…cancer

 

今日のテーマは「おもてなし」。

日頃から見学会や研修会等で起こしになるお客様に対して

ディーズガーデンが行っている代表的なおもてなしをご紹介します。

 

 

 

まずは、ご来社頂くお客様の一人一人の為に、

お名前入りのうちわと研修会中にお茶を飲む為の専用カップをご用意します。

IMG_4808.JPG

夏の工場の中は非常に暑いので是非持ち歩いて頂きたいアイテムですbearingsweat01

 

 

そして、好評なのがなんといっても休憩中のお茶cafe

ディーズガーデンでは京都にようこそ!という気持ちを込めて

京都の美味しいお菓子をご用意していますhappy01

otyagashi.jpg

 

女性限定のディーズガーデン女性部会研修会では、休憩時間を「ティータイム」と称して

ケーキをお出しすることもあります。

P1090424__large.jpg

 

 

 

そして事前に給湯室でお茶菓子について試行錯誤する様子は真剣そのものです(笑)

IMG_3855.JPG IMG_3853.JPG

 

 

 

おもてなしって目に見える形だけが全てではないのですが、

研修や見学の後は、美味しいお茶とお菓子で気持ちもほっこりして頂けたら嬉しいですhappy01

2015年08月21日

山形市の女性スタッフさんが多いお店 Part2

先週に引き続き、「アイスタイルガーデン」の石山麻理さんへのインタビュー・後編をお届けしますshine

今回は本社ショールームの見どころをレポートします!

是非最後までご覧下さいhappy02

…続きを読む

2015年08月10日

新商品センターテーブル

こんにちは。新商品開発部の北村です。

3月に事務所のレイアウト変更をしました。「 クリエイティブな仕事をするには集中する環境が必要 」という副社長からの指示のとおり、自分の世界に入り込めるようパーテーションに向かって仕事ができるレイアウトを目指しました。一方で 「 商品開発はコミュニケーションが大切 」という意見もあり、皆が振り返るだけで打ち合わせができるようにセンターテーブルを配しました。

IMG_3623

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はこのテーブルを3定しましたのでご紹介しようと思います。そもそも、3定というのは「 定位置 」「 定品 」「 定量 」のことで傳來工房の環境整備には切っても切れない言葉です。言い換えると、必要なもの=「 定品 」が必要な場所=「 定位置 」にいつでも必要最低数=「 定量 」あるということなんです。必要なものをわざわざ取りに行かなくてもいつも使う場所の近くにある。 これって便利ですよね。

例えばテーブルの奥のベージュ色の部分。 ここにはカッターマットが貼ってあるのでカッターを使う作業をしたい場合はそこに行くだけ。 カッターマット部分が蓋になっていて中にはカッターや定規、両面テープなどがしまってあります。便利でしょう?
IMG_3612

 

 

 

 

 

 

 

手前の部分には業務上必要なデータをまとめた 「データ一覧表」や「 油性マジック 」「穴あけパンチ」なども皆が使いやすいように「 定位置 」化しました。

IMG_3618

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以外にも部員間の「連絡ポスト」や「データ印」、デザインする時に見る「参考図書」など皆で出し合ったアイデアでいっぱいです。

IMG_3620

IMG_3616

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の3定は普段見学に来られた方がが回られている見学コースから外れた場所にあるレアものです。 おそらくこのブログ以外では目にすることができないのではないかと思います。 これが最後のお披露目かもしれません!

2015年08月07日

興福寺はいい仏像がいっぱい

こんにちは、こんばんは。

ディーズガーデン新商品開発部の天童です。

好きな寿司ネタは炙りサーモンです。

 

この間、ひさしぶりに奈良県の興福寺に行ってきました。

目的は、多数の国宝、文化財が展示されている「国宝館」です。

 

僕は仏像マニアというわけでもないのですが、

ここにある仏像は、ユニークで魅力的なものが多く、

仏像にあまり興味が無いひとでも楽しめるのです。

 

中でも代表的なのが、「阿修羅」でしょうか。

ashura.jpg 

興福寺HP(http://www.kohfukuji.com/)より引用 

 

一時期、仏像ブームが起こった時の、人気仏像の筆頭です。

特徴は、華奢な手足と、整った顔。

ashura kao.jpg

興福寺HP(http://www.kohfukuji.com/)より引用。イケメン!

 

阿修羅といえば、武器を持ち、恐ろしい形相で描かれることが多いですが、

興福寺の阿修羅は、少年のような端正な顔立ちで、”仏女”にも大人気。

公式ファンクラブもあるらしいです。わお!

人気を裏付けるように、展示室を出たところにあるミュージアムショップでは

Tシャツをはじめとしたグッズも多数販売されていました。

 

 

他に注目を集めていたのは、高さ5mもあり、ひときわ目を引く

「千手観音菩薩立像」。

senju.jpg

興福寺HP(http://www.kohfukuji.com/)より引用。

 

大きさゆえの迫力と荘厳さに思わず圧倒!

展示室には賽銭箱も置いてあったのですが、

お賽銭を入れて手を合わせる修学旅行生も多くいたのが

印象的でした。

 

 

僕が個人的にお勧めしたいのは、「金剛力士立像」です。

kongo.jpg

興福寺HP(http://www.kohfukuji.com/)より引用。マッシヴ!

 

この迫力!西洋彫刻にも通ずるリアルな筋肉の美しさ!

片腕が失われてもなお輝くプロポーションのカッコよさ!

実物を目の前にすると、より迫力を感じられます。

 

それと、僕の一番好きな、「天燈鬼・龍燈鬼立像」。

tento ryuto.jpg

興福寺HP(http://www.kohfukuji.com/)より引用。カワイイ!

 

がっしりとした短い手足と、ユーモラスで可愛い

ポーズが大好きです。玄関に置きたい。

それに、写真では良くわかりませんが、二体とも表情がとても良い!

これも是非実物を見て確認してほしいです。

 

これ以外にも、魅力的な仏像が沢山あり、

すぐ近くにある東大寺にも、仏像、国宝が沢山。

ディーズガーデン本社のある京都ももちろん好きですが、

奈良も良い物です。シカもいるし。

2015年08月06日

鎌倉に行ってきました

こんにちは。

ディーズガーデンの岡田ですtv

 

ちょっと前のことですが、6月の終わりに鎌倉に行ってきましたsign01

目的は紫陽花鑑賞ですcute

紫陽花は大人になってから好きになってきたお花です。

色が移りゆく感じとか、ひとつの房に微妙な色が混じり合ってる感じとか、

もこもこしている感じも可愛いのですcatface

 

 

今回は、紫陽花で有名な明月院と長谷寺に行きましたよ〜!

↓ 明月院

IMG_3861.JPGのサムネイル画像

 

↓ 長谷寺の紫陽花散策路

IMG_4625.JPGのサムネイル画像

 

 

もこもこ。

IMG_3825.JPG

 

 

 

もこもこもこ。

IMG_4614.JPG

IMG_4584.JPG

 

 

花地蔵。なんだか癒されるーconfident

IMG_3852.jpgのサムネイル画像

 

 

リスがいました!

IMG_3841.JPG

リスリス言って追いかけていたら

地元の人が「鎌倉はリス多いからね〜catface」と言っていました。

なんてファンシーな場所なんだchick

 

 

このお寺以外にもそこらかしこに紫陽花が咲き乱れていました。

ちょうど満開で、あと一週間遅かったらしおれていたかもしれませんsweat01

 
 
 

次の日は江の電に乗ったり海に行ったり、湘南の旅を満喫してきましたnotenote

 shine sun   shineshine

mistmisttraintraintraintrainmistmist

 

 

 

 

 

 

2015年08月03日
このページの先頭へ