ものづくりブログ

2015年7月

カンナ グレードアップ

こんにちは。 新商品開発の北村です。
皆さんご存知ですか?
Dea's Gardenのフラッグシップ商品 ディーズシェッド カンナD70とD125がグレードアップすることを。
 
今は8月1日出荷開始に向けて新しい部品セットの検査をしているところです。
 
 
 
IMG_3558.JPGのサムネイル画像
 
それでは何が変わるのでしょうか?
 
今回の設計変更の目玉は鋼板にテクスチャーが付くことです。
今までは鋼板そのものに見えていたものがザラザラした表面に変わるんです。
カンナCuteと同じタイプで本物感がアップすることは間違いありません。
 
 
canna-monooki01.jpgIMG_3547.JPGのサムネイル画像
 
それ以外はマグネットキャッチの変更。 扉のキャッチの吸着力がアップしつつ金属のしっかりしたものに変更になりました。
 
IMG_3542.JPGのサムネイル画像
 
 
扉の隙間を調整するためのスペーサーも同梱になり、調整が少し楽になります。
 
IMG_3543.JPGのサムネイル画像
 
今後もパワーアップしたカンナをどうぞよろしくお願いします。
2015年07月29日

竹中大工道具館

新商品開発部の北村です。
 
傳來工房(= Dea's Garden)では年に数回、色々な場所を訪れる社内行事があります。
イベントの参加や花見。そして時には座禅まで皆で楽しくわいわいやっています。
そんな中、先日訪れたのは新神戸駅のすぐ近くにある 「 竹中大工道具館 」 。 
 
ここは、竹中工務店の会長さんが以前住まわれていた土地に建てられた大工道具専門のユニークな博物館。
 
実はあまり期待していなかったのですが、昨年10月に移転したばかりの建物は木や左官壁など昔ながらの素材とガラスを組み合わせたモダンな和風建築。
 
めちゃくちゃおしゃれでカッコいい建物でした。
img_2880.jpg
展示も石器時代に使われていた斧や江戸時代に使われていた大工道具から現代のものまであらゆるものが展示されています。
 
 
道具以外にも細かい木工の細工や実際の建築の一部、名工として名前の残っている道具作りの職人さんに
スポットを当てたり墨つぼの体験があったり素晴らしいものでした。
IMG_3444.JPGのサムネイル画像IMG_3422.JPG
 
特に気に入ったのは「 かんな 」ですかね。 
こんな薄い削り華(かんな屑)があるんですね。 まるで天女の羽衣みたい。
IMG_3449.JPGのサムネイル画像IMG_3427.JPGのサムネイル画像
 
お土産にもらった鉛筆削りも「かんな」の形で可愛いものです。 こんなものからもこの博物館のクオリティを感じました。
力が入ってます。
1時間ほどの見学でしたがじっくり見るには時間が足りず駆け足で回って道具館を後にしました。
2015年07月29日

山形市の女性スタッフさんが多いお店 Part1

こんにちは、開発部の岡田ですtulip

台風一過でようやく夏らしい暑さがやって来ましたねcoldsweats01

 

永らくぶりのディーズガーデンクラブ女性部会Callasのお店インタビューは、

山形のアイ・スタイルさん、石山麻理さんですsign03

 

では早速お店に行ってみましょう〜cherry

 

お店入り口です

161.jpg

こちらはAtoZリフォーム館内のお店になります。

因みに本店は、このすぐ近くにありますので

お越しの際は、是非両方行ってみて下さいねnote

291.jpg ←(こちらは本店の入り口です!おしゃれshine

 

今回お話を伺う石山麻理さん

そして、麻理さんの旦那様でもある石山専務。

二人は自他ともに認める仲良し夫婦だそうですheart04

昨年は新店舗もオープンされて大忙しの1年だったそうですsweat01

P1200384.JPG

 

 

そしてアイ・スタイル女性スタッフの皆さん。

右から、高橋さん、石山さん、栗原さん、阿部さん、五十嵐さんですsign01

P1200391.JPG

実はアイ・スタイルさんは女性スタッフが多く在籍されているため、

女性目線でのお庭を提案してもらえる大変心強いお店なのですshine

 

 

今日はどうぞよろしくお願い致しますdowndownconfident

 

 

…続きを読む

2015年07月24日

憧れの南欧風中庭が私の家に

こんにちは。商品企画デザイン室の永島です。

京都もいよいよ夏到来!!
毎日蒸し暑い日が続いておりますが
今日はいきなりゲリラ豪雨がやってきました。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回はこの7月に発売しました「ディーズパティオ」について
商品企画の立場から、商品コンセプトについて語らせていただきたいと思います。

ディーズパティオってなんですか?
パティオとは高く白い壁に囲まれたスペイン風の
中庭のことです。
そのパティオをイメージして作った壁などを構成する商品が
ディーズパティオです。

06-P1300029.jpg
さて、この商品をなぜディーズガーデンが開発したのかといいますと
実は十数年まえから、コンクリートブロックに代わる商品で
ディーズガーデンになにかできまないかと模索し続けておりました。

それが、今回のディーズパティオが生まれたきっかけです。
しかし、コンクリートブロックに代わるものを作っても地震対策や

ブロック積みの職人不足対策にはなりますが、

お客様が憧れていただける商品にはなりません。
本当にお客様が欲しいものはなにか・・・
そこをどことん考え抜きました。


表紙.png

「憧れの南欧風中庭が私の家に」をコンセプトに、
今まで作れなかった空間がディーズパティオによって
そのまま、みなさんの庭に作れるような商品づくりが今回のテーマです。

そんなとき、ヒントになった一冊の本を見つけました。

   20150619175850_00002.jpg   20150619175850_00003.jpg

こんな庭が欲しい!!

というお客様が必ずおられる。
でも、実現的にこのような壁の施工は難しい。
こんなシーンを作れる商品をディーズガーデンで作ろう!
そう思いました。

そして現物を見に行くため本の中を調べて関東まで・・・・・・・・
小ぢんまりとした小さなお庭でした
が、アンティークな壁があることで

なんともいえない空間に仕上がっています。

このイメージの壁を作るには
コンクリートブロックで作るのが難しい形状やデザイン性が必要です。


ディテール.png

これを工場で作ることで高いデザイン性を実現することができる。
この空間が欲しいお客様に高品質なものをお届けできると確信しました。

そして、ただ商品としてのデザイン性だけではなく、
使いやすく居心地のいい空間をつくるために、何枚ものパース図を描きました。

Type01.jpg Type04.jpg 
Type05.jpg Type B.jpg

どんな空間が、みなさんが求めるものなのか検討に検討を重ねました。
このようにして、完成品の壁やオプションを組み合わせて設置するだけで、
憧れのパティオ空間が造れる商品を完成しました。


25-P1300154.jpg
新潟県 新光園展示場

ディーズパティオで作ったお庭は、
只今、全国の特約店で製作中です。


モデルガーデン1.png

2015年07月21日
このページの先頭へ