ものづくりブログ

2014年12月

水彩イラストのカレンダーと年賀状

こんにちは。商品企画デザイン室の永島です。

あっという間
に今年ももうわずかですね。

ディーズガーデンは昨日で仕事納め。

わたくしは、今日も出社してます。
只今社内にディーズガーデンのモデルガーデンを製作中で
工期が遅れているため、本日も職人さんにがんばっていただいております。
来年
1月中旬には完成する予定です。

その際にはまたこのブログで報告致します。
完成しましたら、一般のみなさま方にもご見学に来ていただけると嬉しく思います。


model-garden.JPG
モデルガーデン製作 現況

さて、私の仕事の中でブランディングに大切な販促物制作があります。
新年を迎えるにあたり、カレンダーと年賀状を制作いたしました。
今年のテーマは可愛い水彩画のイラスト入り販促物です。
カンナのカタログに
もこんなイラストが・・・

DGcanna_top04-640.jpg

CannnaP02-3-640.jpg

そして、2015年のA1ポスターカレンダーです。
こちらはカントリーデスクの上に作ったお庭をイメージしました。
来年発売する新商品「ディーズパティオ」のミニチュアガーデンがとても可愛いでしょ。

calendar2015-600.png

年賀状もこの通り、可愛い水彩画のイラストで作りました。
deas-nenga2015.png

それでは、旧年中はディーズガーデンものづくりノートをご愛読いただきありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2014年12月27日

籐かごのプランター

こんにちは、新商品開発部の天童です。

 

いつの間にか12月も終わりですね。

1年たつのが年々早くなっているような気がします。

僕なんてついこの間まで中学生だったと思ってたらもう25歳ですし、

ドラえもんの声が変わってからもう10年たつんですよ。

誰かが何年かごまかしてるんじゃないですか。

 

さて、そんな中ですが、現在鋭意開発中のディーズパティオのオプションアイテムである、プランターバスケット(仮称)についてお話しようと思います。

(ディーズパティオについて、詳しくは岡田の記事で)

 

早速ですが、開発中の試作品の写真がこちら。

ディーズパティオの窓の下に取付けて使えるようになっており、

ヨーロッパのプランターが飾られた大きな窓(参考)をイメージして作っています。

プランターを、鋳物のホルダーで抱え込んでいるというデザインですね。

 

このプランターですが、一つ大きな特徴があります。

 

それは、ディーズガーデンの商品としては、初めての素材である籐(ラタン)を使っていることです。

手作り感あふれる仕上がりになっており、しかもFRP製なので本物の籐のように変色したり腐ったりすることがありません。

 

初めての素材という事で、そのためにそれなりに苦労した事もありました。

 

企画が決まり、籐で作ると決めたはいいものの、社内で籐かごを編める人なんていません。

このブログでよく登場する、ディーズガーデンの誇る原型職人の長谷川さんも、籐かごはさすがに専門外…

開発はまず籐かごの職人さんを探すことから始まりました。

 

なんとか職人さんを見つけ、こちらのイメージを伝えて、かごを作ってもらいました。

これが、その写真です。

(黒いのは鋳物部分のデザインを考えるために貼ったビニールテープです)

 

さすがは専門の職人さん、ち密で綺麗なかごを作っていただきました。

ただ…こちらの考えるイメージとちょっと違うかも…?

 

高級な籐かごほど、目が細かくち密に作られているとのことなのでこのように目の細かい籠をつくっていただいたのですが、

ち密すぎて何か工業製品っぽく感じてしまうし、籐の細さがスケール的に外に置くものとしては小さすぎるのかなあ…と。

ディーズガーデンの商品としては、もっと手作り感があり、可愛い物が欲しい。

そこで、もっと太い籐を使って、愛らしい形を、という事で再度作っていただきました。

太い籐ほど細かいところを編むのが難しいらしく、苦労して作ってくださったのですが、

とてもかわいい物ができました。

 

これを、FRPで成形できるよう隙間を埋めて(なんせ隙間が多いのでこれも結構大変でした)、かごに合わせてデザインした鋳物部分を粘土で貼り付け、原型が完成です。