エクステリア施工例

■お庭の物置の前はアウトドアリビング 京都市 星野様邸

今回は京都市にお住まいの星野様のお庭を取材させていただきました。星野様のお宅はマンションの1階で、お隣にはご両親が住んでおられます。今回ご両親と2区画同時にお庭工事をなさいました。施工前は、『カンナはとても素敵だけどマンションのお庭に似合うかしら?』と少し心配していた星野様。でも現在はすっかり溶け込んで、お庭の顔的存在に・・・。

マンションの中庭とは思えないおしゃれなプライベートガーデン
見た目は普通のマンションですが、奥へ進むと突然別世界に。カンナ物置がみごとにお庭に溶け込んで、お施主様のライフスタイルを感じます。

カンナ物置はお庭のおしゃれポイントです。

上から眺めても素敵なお庭です。
星野様とご両親のお庭は、同じマンションの上に住んでいる方のベランダから見下ろせるようになっています。右写真は上にお住まいの方のベランダから見たお庭です。四角いタイルが程よい緊張感を与えていてとてもおしゃれですね。 カンナの事は最初どなたも物置とわからずよく質問されたそうです。下の写真はご両親のお宅のお庭です。こちらは曲線を多く使っていてソフトな印象のお庭になっています。どちらのお庭もおしゃれで素敵ですね。

ナチュラルな曲線がおしゃれなご両親のお庭。

四角いタイルがおしゃれに庭作り

憩いのプライベートガーデン

カンナ物置の前で愛犬とティータイム

カンナ物置の前でティータイム。
星野様と愛犬の『亜夢』ちゃんにご登場していただきました。今回はご登場いただきませんでしたが、週末はよくご主人もお庭で、お茶をしながら読書を楽しんだりして過ごされるそうです。
物置の前でティータイム・・・カンナ物置でしかそんな『気分』になれませんね。

このお庭をデザイン施工した滋賀県のエクステリア専門店、アルルガーデンの村瀬さんに外構デザインについてのお話を聞きました。
●アルルガーデン 村瀬さん カンナ物置を主役にしてお庭にまとまりをつけました。 星野様のライフスタイルを考え、マンションの庭のスペースを有効に使ったデザインに仕上ました。リビングからの視線やウッドデッキに出たときに癒される庭を演出するよう工夫しています。私の大好きな物置、カンナを主役にすることで、更にデザインにまとまりをつけることができました。 太陽の下、カンナの前のテーブルでティータイムを楽しんだり、ガーデニングを楽しんだりといったライフスタイルを満喫して頂きたいという想いで作りました。

ご自宅のお庭でおしゃれな時間を過ごしませんか?

見た目は普通のマンションですが、中庭はまさしく別世界です。
郵便配達の方もびっくりされるとか。

星野さん、お庭にお邪魔させていただいてありがとうございました。とても素敵でおしゃれなお庭ですね。カンナ物置がお庭の素敵なアクセントになっています。物置の前でティータイム・・・、普通はそんなこと考えられないですよね。カンナだからこそできることなんだな、と感じて私たちもとてもうれしくなりました。ご主人と、愛犬の『亜夢』ちゃんといっしょにカンナ物置をかわいがってあげてくださいね。(ディーズガーデン 永島)